スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

「善き人のためのソナタ」を見ていたら見覚えのある人が

ドイツ映画「善き人のためのソナタ」という映画を(今更ながら)見ました。
東ドイツ時代のシュタージ(秘密警察)を舞台にした映画です。
いかにもドイツ映画らしいというか何というか、ちょーっと救いようがないような展開だったのですが、見覚えのある俳優がチョイ役で出演していました。

←この人。
AXNというチャンネルで「ドイツ科学捜査チーム」というドラマをやっていたのですが、そこのトーマス・レンナー役であるCharly Hübner(チャーリー・ヒュープナー)
このドラマでもそうだったのですが、まじめなチームの中に必ず一人はいるというお調子者の役。
「ドイツ科学捜査チーム」では「お調子者だけど技術はあるぜ」という役だったのですが、この映画ではチョイ役だった為、調子こいただけで終了でした。

ちょっと調べてみたらドイツで長く続いている「Polizeiruf 110」というドラマで主役をやっているみたいですね。人気あるのかな。

個人的には同い年なので、もっと活躍している所を見てみたいです。

余談ですが、ドイツにも気になる俳優がいっぱいいます。