スキップしてメイン コンテンツに移動

2010.12.ドイツ旅行記#8 ヒトラー展とか見てきた

もう半年近く前のことですが、2010年末~2011年明けまでいたドイツ旅行の続きです。

日付は01/07。ベルリン滞在はこの日を含めて2日となりました。
この日向かったのは、まずドイツ歴史博物館。ドイツ語ではDeutsches Historisches Museum Berlin。そのまんまでした。

・・・が、撮影できたのは入り口のこれだけ。中は撮影禁止でした。
中はヒトラーやをはじめとするナチスドイツの重要人物の生い立ちや実際に使っていたもの、写真、映像、党員の制服などが展示されていました。
ヒトラーの演説も流れていましたが、観衆から笑い声も上がっていました。
イメージと違ってユーモアな演説をしていたのかもしれません。

現在のドイツはナチスやヒトラーというものはタブーとされているので、このような展示が行われるのは非常に珍しいことでした。



またもやWWIIネタになりますが、ホロコースト記念碑へ向かう為、博物館を後にします。
これはまたもやベルリン大聖堂。

大聖堂の前のバス停からブランデンブルク門の前まで行くと・・・なにやら物々しい雰囲気が漂っていました。
ホテルの前にPOLIZEI(警察ですね)がうようよ。
この写真には写ってませんが、少し離れた所には自動小銃を携えた警官が立ち、周辺の車道は封鎖されました。歩道はなんともなかったんですけどね。
で、ホテルの入り口から赤いカーペットが登場。
何処かの国の偉い人でも来るんでしょうか。

黒塗りの高級車とともに、その偉そうな人が登場・・・この時は誰が来たのかわかりませんでしたが、後で調べたところ、中国の副首相だったようです。
そういえば中国語っぽい言葉で喋ってるアジア人が何人か見物してました。
こちらがDenkmal für die ermordeten Juden Europas(虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑)、通称ホロコースト記念碑です。
大小さまざまな形の石が並んでおり、なんともいえない空気が漂っています。
中で子供が隠れんぼとかしてましたけどね。

中はこんな感じ。

その後は市内をぶらぶら。
これはホロコースト記念碑から遠く離れた、というかKonnopke's Imbißから徒歩5分くらいの所です。Danziger Straßeと Knaack Straßeとの交差点。
夜は100番バスと200番バスを使って市内周遊。
これは戦勝記念塔のヴィクトリアを辛うじて撮影できた図。 バスの中からだったのでブレまくってます。
というわけでこの日も終了。翌日はもう帰国です。

コメント