Skip to main content

2010.12.ドイツ旅行記#7 定番の場所へ行ってきた

日付は変わって1/6です。
ベルリンていえばここだよね、という定番の場所へ行ってきました。



年明けの瞬間にも行きましたが、まずはAlexander Platz。手前にあるのは世界時計、奥に立っているのはTV塔です。
TV塔のすぐ下にドーム状の低い建物が見えますが、これはS-bahnのAlexander Platz駅です。

視点をちょっと右に動かすと、有名なショッピングモールGaleria Kaufhofが見えます。
Alexander Platzは、このGaleriaと、もう一つAlexaというショッピングモールがあり、買い物に困ることはありませんでした。

Alexander PlatzからS-bahnで1駅、Hackscher Marktという所があります。
そこから歩いて2分くらいだったかな? Hackesche höfeという観光スポットがあります。


ベルリンのデザイナーが住んでいるとか、アトリエがあるとか、そんな感じの場所です。
また、ベルリンでは有名なアンペルマン(歩行者用信号のマスコットというかシンボルというか)の店もあります。

んで、そのAmpelmann restaurantでちょっと休憩。アップルパイを頼んでみました。うまいす。
基本的にドイツのカフェで飲み食いするものは旨いです。

ベルリンは博物館島という、いくつもの博物館が集まった島(というほどのものでもないですが)が有名です。
その中の一つ、Bode-museumに行ってきました。博物館島の最北端で、Hackescher Markt駅から歩いて行けます。

ま・・・どれがどんな人なのか無学な私にはさっぱりですけどね・・・。

中にはこんなのもあったり。

有名なベルリン大聖堂。ひたすら厳かです。

こちらもひたすら厳か。Bundestag(連邦議事堂)です。大聖堂からはバスで行けます。徒歩だとたぶん20~30分くらいかかるかも。特に雪が降ってるとね。

そうそう、基本的にドイツでは雪かきというのはしない模様です。その代わり滑り止めの粗い砂を撒いてました。

わかりにくいですが、連邦議事堂からBrandernburger Tor(ブランデンブルク門)までは徒歩で行けます。
奥で光っているのが、そのブランデンブルク門。

1年前も同じ道を通ったことがあったのですが、これには気づきませんでした。
BundestagからBrandenburger Torまでの道の途中にある墓標。
ちょうどBrandenburger Torのあたりは有名なベルリンの壁があったのですが、そこを乗り越えようとして殺害された人達の墓標のようでした。

Brandenburger tor(ブランデンブルク門)です。
これは東側から観た風景です。

門の上にいるのは四頭牽きの馬車に乗る勝利の女神・ヴィクトリア。

大きさがどんなもんかというと、こんなもん。でかいです。

上を見たところ。

遅い時間になってきたので、この日はこれで終了でした。
すぐ近くにU55という地下鉄があり、そのものBrandenburger Tor駅からHauptbahnhof(中央駅)まで行き、そこからバスでホテルまで帰りました。

Comments