Skip to main content

2014.12.ドイツ・ポーランド・トルコ旅行記 食事編

我が家においては、海外旅行の主な目的の一つが「食事」であります。
今回もいろいろと食ってまいりました。


・・・


さて、ベルリンから。
宿泊したホテルは、我々にとってはお馴染みになりつつあるSchoenhouse Apartmentsでした。

まずはそのホテルから徒歩8分くらいのところにあるCafe Anna Blumeにて。
カプチーノ。
海外のカフェに行くと、ほぼ毎回必ず頼んでいます。
好きだからというのと、発音が適当でも通じやすいからですw

朝食としたセット。
手前にある白っぽい三角形のものはバターですが、チーズと勘違いして思いっきり食らいついてしまいました。
何故間違えた・・・。


・・・


やはりホテルに近いAlexander Platzという広場でまだクリスマスマーケットをやっていました。
クリスマスマーケットで買ったBratenwurst(焼きソーセージ)。
€3でした。
普段Alexanderplatzでは€2くらいで買えるので、ちょっと高め。
まあ、クリスマスマーケットですからね。


・・・


そして第二次世界大戦より前から営業しているというKonnopke's Imbißへ!
と思ったらやってねえし!

というわけで後日来訪。
氷点下でも大賑わいでした。
ただ所詮は(?)インビスなので、回転は早いです。数分も待てば名物のCurrywurst(カレーソーセージ)にありつけます。

こちらがそのCurrywurst。
すごーくジャンクフード臭が漂っていますが、これが旨い!
これが€1.90です。当時のレートでだいたい\290くらいかな。


・・・


ワルシャワに行く途中、テーゲル空港で昼飯。
謎のパスタ。
エビが苦手なのに、うっかり見落としてオーダーしてしまいました。
レモングラスとライムソースという味付けでしたが、ヒノキ風呂の風味がしました・・。
こちらはマウルタッシェ。ドイツ流の餃子みたいなものです。
下にあるのは、こちらも名物ザワークラウトですね。


・・・


そしてワルシャワ。
まずはOberża pod Czerwonym Wieprzemというレストランにて。
ちなみに店名を日本語訳すると「紅の豚」というそうです。
(上記リンク先、笑い声か何か聞こえます。要注意w)
ポーランドに来ておいて、なぜかシュニッツェル。
真ん中奥にあるのは謎の赤紫スープ。酸味があってさっぱりしてました。
左にあるのはポーランドの名物料理ピエロギ。餃子のようなものです。
中央にある白いのはキュウリのサラダ。


・・・


ワルシャワ旧市街のパティスリーにも立ち寄りました。
アップルパイ。
何処で食っても安定の風味。


・・・


再びベルリンへ。
ベルリンを本拠地とするLCCの、その名もAir Berlinを使いました。
降りる時に貰ったチョコレート。
なんてことないものですが、美味かったです。


・・・


でもってベルリン市内に戻った所、クーダムという繁華街近くにあるカイザー・ヴィルヘルム教会の周囲でまだクリスマスマーケットをやっていました。
Glühweinです。ホットワインです。
グラスのデポジット(€3)込みで、€6ほど。
グラス欲しさに買ったのですが、アルコールが苦手なので半日ほど頭痛に悩まされました。
度数は高めだと思います。たぶん。

クーダム(正式名称はKurfürstendamm)駅のガード下にあるインビスで買ったCurrywurst。
ここのも旨いです。
ガード下のULLRICHというスーパーの隣にあります。


・・・


ドイツに行くと必ずGreiß Puddingという巨大なプリンを買うのですが、今回は見つかりませんでした。
スーパー「ULLRICH」で購入。
今回はやや小さめ。
それでも日本のスーパーで売っている普通のプリンの倍くらいはあります。
やや柔らかめ。


・・・


ワルシャワ旧市街の中心にある広場で、あまりの寒さに入ったレストランにて。 
ほうれん草を巻いたパンケーキ。
パンケーキもポーランドの名物料理だそうです。
本当に有名なのはほうれん草ではなく、じゃがいものパンケーキだそうですが・・。
ピエロギ。
焼いているバージョンもあるんですね。


・・・


旧市街にあるPierogarnia na Bednarskiejというピエロギ専門店にも行きました。
ちなみにここ、支払いは現金オンリーです。
ピエロギ 肉バージョン。

ピエロギ チーズバージョン。
日本の餃子と違い、ピエロギは色々なものを包んでいます。


・・・


またもやベルリンの話ですが、Maultaschen Manufakturという、マウルタッシェ専門店にも行きました。
個人的にはCurrywurstのKonnopke's Imbiß、バウムクーヘンのKonditorei Rabienと同様、ベルリンに来たら必ず来る店と決めています。

ちなみにここも現金オンリーです。
前回もそうでしたが、店主のおっさんは非常に気さくな人で、暇があればテーブルで雑談してたりします。
こちらはキノコソース。左側にある黄色いモコモコはムース状(?)になったポテトでした。

トマトとチーズ。
キノコソースもそうですが、すごく多いです。
少食の人なら、2人で1皿でも良いかもしれません。


・・・


やはりベルリン。
Konditorei Buchwaldという、こちらもバウムクーヘンの老舗です。
購入もできるし、中で食事もできます。うまーい。


・・・


ベルリンに来たら必ず通う店の一つ、Sowohl als auchで、パンを購入しました。
クロワッサンと普通の(?)パン。
なかなか大振りで旨いです。
近くに滞在するなら、ここのパンがお勧めです。


・・・


ワルシャワのパティスリーで、ケーキと「ポンチキ」なるドーナツを買いました。
欧州のケーキは甘いです。「甘さ控えめ」とかいうのはないと思います。
手前にあるのが「ポンチキ」といいます。英語でいうところの「ドーナツ」です。

どうやらポーランドでは大晦日にポンチキを食すという風習があるようです。
我々も大晦日に買ったわけですが、みんなポンチキ目当てに並んでいました。
中身はいくつか種類があるようですが、これはローズヒップのジャムでした。
機会があれば、また別のものも試してみたいです。

ローズヒップは、個人的には微妙でした・・・w

・・・


写真は撮っていませんが、ワルシャワのスーパーでパンを買った時、「一緒にバターも欲しいよね。なるべく小さいやつが良いよね」といって、バターが陳列されている棚で1つ購入しました。

そりゃね、バターが並んでいるからね。バターを買ったと思うわけですよ。

ホテルに帰って開けてみたら、ベージュ色なんですよね。中身が。
少しパンに塗りつけて口に入れてみたら、微妙な苦味があったんですよ。レバーみたいな。
でもレバーほど強い香りはなかったんですよ。

まさかフォアグラ??
日本円で\150くらいなのに?
いやでもハンガリーとか近いし・・?

もう少し口に放り込んでみると、わずかにアルコールの香りもしました。


結論:イースト菌ペーストでした・・・。

なんでバターと一緒に並んでるんだよ・・。

Comments