スキップしてメイン コンテンツに移動

iPhoneのバックアップが遅かった原因が判明

iPhoneを使っています。
ご存じの方も多いと思うのですが、この携帯、PC環境が必須です。
んで、アプリや音楽やビデオなどを同期するのですが、その際のiPhoneのバックアップが恐ろしく遅いものがあります。

実際、私のiPhoneもある時から急にバックアップに時間がかかるようになりました。
バックアップに必要なディスクサイズ(というか、バックアップ後のファイル総サイズ)も100MB程度だったのが800MBオーバー。最終的にはディスク容量不足の警告まで出る始末になってしまいました。
・・・ネットブックでしかもSSDなので容量が元から少ないのです。

というわけで同期する時は「バックアップしています」というステータスが出てすぐに、横にある「x」をクリックして中断してましたが、根本的解決にはなっていないわけです。

諦めて少し調べてみたら「キャッシュを大量に溜め込むアプリがあると遅くなる」とのこと。
よく挙げられるのがTwitter系アプリでした。アイコンキャッシュなんかそうですね。他にもAppSniperというアプリも有名なようです。
で、私のiPhoneにはTwitter系アプリとしてTweetMeが入っていたので、アプリの環境設定からキャッシュをクリアしてみました。

変わらず。

もう少し調べてみると、RSS系のアプリでも同様の事例が多いということがわかりました。
私のiPhoneにも入っています。MobileRSS。こちらには「キャッシュをクリアする」という機能が見つからなかったので試しにアプリごと削除。
そしたらバックアップが10分程度で終わりました。これが原因だったのか・・・。

もし似たような事例に困っていたら、ちょっと参考になればと思います。

コメント