Skip to main content

Visual Studioのセットアッププロジェクトで必須コンポーネントをアプリケーションと同じ場所からインストールする場合の設定

つい最近、開発用のPCを変更した時に「あぁこれメモっておけば良かった」と思ったことがあったので。
Visual Studio 2008でアプリのインストーラを作る(セットアッププロジェクト)がありました。
この際、以下の通り注意しなければならない要件がありました。

  • .NET Framework 3.5などを使うアプリをインストールする
  • インストール対象PCは.NET Frameworkもネット環境もない

つまりアプリと同時に.NET Framework 3.5もインストールする必要があります。
この場合Visual Studioのセットアッププロジェクト内の「プロジェクトのプロパティ」の「必須コンポーネント」のところにある「アプリケーションと同じ場所から必須コンポーネントをダウンロードする」というオプションをチェックすれば良いだけなんですが、デフォルト環境のVisual Studioの場合

「エラー 7 必須コンポーネントのインストール場所が、'コンポーネントの開発元の Web サイト' に設定されていません。項目 [コンポーネント名] のファイル [ファイル名] がディスクに見つかりません。詳細については、ヘルプを参照してください。...
というエラーが出てしまいます。


で、この解決方法。Microsoftのサイトに掲載されています。
http://connect.microsoft.com/VisualStudioJapan/feedback/details/388475/visual-studio-sp1-net-framework-3-5sp1

[S] --- 上記urlを一部引用
この問題を解決する方法としましては、Visual Studio 2008 SP1 の Readme で説明されている手順に従って、.NET Framework 3.5 用の Samesite オプションを有効にすることです。 この解決方法は、Readme の 2.3.1.1 に記載されており、オンラインの Readme は、こちらで見つけることができます: http://download.microsoft.com/download/A/2/8/A2807F78-C861-4B66-9B31-9205C3F22252/VS2008SP1Readme.htm

(翻訳者注: 日本語版はこちらになります。 http://download.microsoft.com/download/1/b/e/1be78474-c7f8-427a-8c6c-330e1c5db7d5/VS2008SP1Readme.htm

[E] --- 上記urlを一部引用

というわけで、上記引用文からReadmeをダウンロードして眺めてみます。
↓これ
http://download.microsoft.com/download/1/b/e/1be78474-c7f8-427a-8c6c-330e1c5db7d5/VS2008SP1Readme.htm

・・・ただのリリースノートじゃん。エラーのほか色々と書いてあるのでわかりにくいですが、今回の事象への対処方法は
2.3.1. 一般的な問題
にあります。

  1. まずはこのReadmeに書かれている通りProduct.xmlを編集。
  2. 次に.NET Frameworkのパッケージ(?)をダウンロード。urlは↓
    http://go.microsoft.com/fwlink?LinkID=118080
  3. コマンドプロンプトからダウンロードしたフォルダへ移動し、解凍。
  4. 解凍コマンドは↓



    dotNetFx35.exe /x:.
  5. そうするとdotNetFx35.exeのあるフォルダにwcuというフォルダが作られる。
    wcuの中にはdotNetFrameworkというフォルダが作られ、更にその中に以下が展開。
    dotNetFX20
    dotNetFX30
    dotNetFX35
    dotNetMSP
    TOOLS
    dotNetFx35setup.exe
  6. これら5つのフォルダと1つのファイルを以下のフォルダにコピー。
    %Program Files%Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Bootstrapper\Packages\DotNetFX35SP1

更に以下のサイトからx86とx64用のLanguage Packをダウンロードします。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=C78987B9-97F4-455F-BEE7-F6BFA4AD774E&displaylang=ja#filelist

ダウンロードしたファイルは
%Program Files%Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Bootstrapper\Packages\DotNetFX35SP1\ja
の中の
DotNetFX35\x86またはx64にそれぞれコピーします。
DotNetFX35フォルダがない場合は手動で作成して問題ないです。

この状態でVisual Studioのセットアッププロジェクトをビルドしたところ、正常にsetup.msiが作成されるようになります。

ネットがない環境にインストールすることって多いのかどうかわかりませんが、ちょっとこの方法はわかりにくいかもしれませんね。
というわけで、参考にしてください。

Comments

Popular posts / 人気の投稿

ひかりTVのUSB HDDは主電源から再起動しないとだめかもしれない

つい最近、我が家はNTTのひかりTVを導入したのですが、そこで視聴している番組を録画できるようにしようと、USB接続型のHDDを購入しました。
購入したHDDはI-O DATAのHDCR-U1.0というもの。ひかりTVの対応HDD一覧に出てました。

で、早速箱から取り付け。といってもUSBケーブルを差すだけで自動的に認識されます・・・と書いてあるが、認識されない!
「USB HDDが認識されていません」という表示がされるばかり。
リモコンを使ってSTBを再起動してもだめ。
HDDの方は、接続先のSTBに連動して電源のOn/Offが行われているので、少なくとも認識してる模様。つまりケーブルも問題なし。

あーもうここにきてトラブルかよーと思った矢先、嫁がやってきてSTBをいじる。

すると「HDDを初期化しますか?」の表示。

ええー何やったのさ! と思ったら、単に主電源を入れ直しただけとのこと。
私はリモコンで電源のOn/Offを行なっていたのですが、どうもこれは電源ではなくスタンバイだったようです。たぶん。
PCでのプラグ&プレイに慣れてしまった自分にとって「そうだったかー」と妙に納得してしまいました。

というわけで、ひかりTVにUSB HDDを接続しようとしてうまくいかない方は主電源の入れ直しも試してみてください。
ちなみにSTBの機種は三菱のM-IPS200というものでした。

今更ながらマキシマムザホルモン「絶望ビリー」出演者が誰なのか調べてみた

ふと思い立ってマキシマムザホルモンの「絶望ビリー」のPVに登場する人たちを調べてみました。
・・・といっても下記の二組(というか一組と一人)は不明なままです。

【不明な人たち】
・アコギの二人組
・フェンスを叩いて叫んでいるマッチョな人
・アナウンサー
・クイズ番組の回答者(一人は亮君だけど)

【判明した出演者】
・ビジュアル系のバンド・・・PARFAIT (複数のサイトで確認。たぶん合ってる)
・アイドル系の女の子・・・辰巳 奈都子
・ヒップホップ系の二人組・・・アンディとジョージ☆(というらしい。真偽不明)
・ギターを弾いて歌っている女性・・・KIKUTHE SWEET TRIPというバンドのvo/g)

というわけで、全員はわかりませんでした。
個人的にはKIKUという人のギターの弾き方が気になっていたので、名前がわかって良かったですw