Skip to main content

ドイツ語メモ#2 ちょっと特殊な発音例

前回は超初歩ということで、基本的なアルファベットについてだらだらと書きました。
今回はその続き。2文字以上続いた場合での、ちょっと特殊な発音例を書いていきます。


注意:個人的な経験がメインであまりちゃんと調べてない為、間違っている可能性もありますw
ご指摘いただければその都度修正させていただきます。

  • ch
    「a」「u」「o」「au」の直後に来た場合と、それ以外の場合とで発音が異なります。
    「a」「u」「o」「au」の場合、基本的に前の母音の影響を受けます。
    aは「ハ」 例:nacht(ナト:夜)
    uは「フ」 例:Buch(ブー:本)
    oは「ホ」 例:noch(ノ:まだ)
    auは「アォ」と発音するので「ホ」 例:auch(アォ:~も)
    またそれ以外の場合は「ヒ」と発音します。
    例としてはMilch(ミル:牛乳)とかReich(ライ:帝国)など。
    因みに、それぞれ母音は強く発音しません。日本語の文字だと表しにくいですね。
  • ei
    「アイ」と発音します。
    例えばHeidelberg(ハイデルベルク:ハイデルベルク市)やReis(ライス:米)など。
    そのまんまEi(アイ)という言葉もあります。日本語では「卵」。
  • eu
    「オイ」と発音します。
    例えばユーロ(Euro)はオイロと発音し、Freuenkirche(聖母教会)はフロイエンキルヒェと発音します。
  • äu
    これもeuと同じになります。
  • sp、st
    これらは「s」の部分が「シュ」と発音します。
    例えばSprechen(話す)はシュプレーヒェンと発音し、Straße(道)はシュトラーセと発音します。
  • pf
    日本語では非常に表しにくいのですが「プッ」のようであり「プフ」のようである発音をします。
    これはネイティブの発音を参考にするしかないっすね・・・。
だいたいこんな感じでしょうか。
次はやはり超初歩、数字にしようと思います。

Comments