スキップしてメイン コンテンツに移動

ドイツ語メモ#3 数字について

さて数字についての読み方です。

以下のページを参考にまとめてみました。
ドイツ語入門編(9) 数詞の話(ドイツ語の数字)
ベルリン べるりんねっと789 ドイツ語の数字の読み方

ドイツ語は0~20までと、21以上からとでちょっと法則が異なります。

まず0。これはnull(ヌル)と読みます。某所で有名な「ぬるぽ」の「ぬる」は、このnullから来ています。
(コンピュータ開発系のNull pointer exceptionというエラーが語源ですね)
以下20までだらだらと列挙します。


  1. eins(アインス)
  2. zwei(ツヴァイ)
  3. drei(ドライ)
  4. vier(フィーア)
  5. fünf(フュンフ)
  6. sechs(ゼクス)
  7. sieben(ジーベン)
  8. acht(アハト)
  9. neun(ノイン)
  10. zehn(ツェーン)
  11. elf(エルフ)
  12. zwölf(ツヴェルフ)
  13. dreizehn(ドライツェーン)
  14. vierzehn(フィアツェーン)
  15. fünfzehn(フュンフツェーン)
  16. sechzehn(ゼツェーン)
  17. siebzehn(ジーツェーン)
  18. achtzehn(アハツェーン)
  19. neunzehn(ノインツェーン)
  20. zwanzig(ツヴァンツィヒ)
16(sechzehn)と17(siebzehn)の読み方は注意した方が良いです。

21以上は「(1桁の数字)と(2桁の数字)」といった構成になります。
例えば21はeinundzwanzig(ein und zwanzig:1と20)となり、32はzweiunddreißig、55はfünfundfünfzig・・というようになります。
あと30だけは「~zig」ではく「~ßig(スィヒ)」となることにも注意です。
10きざみで数えると、
30:dreißig(ドライィヒ)
40:vierzig(フィアツィヒ)
50:fünfzig(フュンフツィヒ)
60:sechzig(ゼヒツィヒ)
70:siebzig(ジーツィヒ)
80:achtzig(アハツィヒ)
90:neunzig(ノインツィヒ)
となります。

で、100はhundert(フンダート)。
200、300などは百の位の数字+hundertとなります。
例えば200はzweihundert、300はdreihundert、400はvierhundertといった具合。


1,000はtausend(タウゼント)。
100の時と同様、2,000はzweitausend、3,000はdreitausend、4,000はviertausendとなります。


年号は2桁区切りになるようです。
例えば今年の2,010はzwanzighundertzehn(zwanzig-hundert-zehn)といった具合。
ただし百の位が0の場合はtausendを使っても良いらしいので、zweitausendzehn(zwei-tausend-zehn)もいいのかもしれません。
1972は・・いや、私が生まれた年ですが、これはneunzehnhundertzweiundsiebzig(neunzehn-hundert-zwei-und-siebzig)になります。ながっ。


10,000以上は千の位を基準とします。
20,000はzwanzigtausend、30,000はdreißigtausend・・・といった具合。
で100,000はhunderttausend。
1,000,000はein Millionとなるようです。このMillionは単数形でして、複数形はMillionenとなります。
例えば2,000,000はzwei Millionen。




そうそう、それと桁区切りおよび小数点。
日本では3桁区切りは「,」(カンマ)、小数点は「.」で表しますが、ドイツでは逆です
日本で1,000は、ドイツでは1.000となり、日本での0.1はドイツでは0,1と表記します。このフォントじゃわかりにくいかもしれませんが・・。


なお小数点はKomma(コンマ)と読み、小数点以下は単純にその数字を読み上げるだけで良いようです。
0.1の場合、Null Komma Einsとなり、0.234はNull Komma zwei drei vierと読んでいいそうです。もしくはNull Komma zweihundertvierunddreißig。こっちは面倒そうですね。




さて次回は簡単な旅行用フレーズあたりとまとめてみたいと思います。

コメント