スキップしてメイン コンテンツに移動

2013.09.アメリカ旅行記#8 メトロポリタン美術館とセントラルパークへ

NYCといえばメトロポリタン美術館と、隣接するセントラルパークも有名ですね。

これはメトロポリタン美術館の3Fだったかな?
テラスがあり、軽く飲食が出来ます。
この森みたいなのはセントラルパーク。

騎士の集団です。ホースメンです。
中世ヨーロッパ時代のものも多く展示されていました。

儀礼用の剣(レイピア)と、中央にあるのは鎧の下に着込むやつかな?

ライフルもあります。

ロングソード?
右側2本は柄が長いので、ツヴァイハンダーというやつなのかもしれません。

この手の展示品群には、必ず1体は一緒に展示されています。
日本の鎧。
メトロポリタン美術館を出て、いったんセントラルパークの西側へ。
一見なんの変哲もない建物ですが、これがダコタ・ハウス。
ジョン・レノンがかつて住んでいました。
というかオノ・ヨーコが今でも住んでいるようです。

ダコタ・ハウスの近くにある入り口からセントラルパークに入ってすぐの道に描かれています。
セントラルパークといえば、よくニューヨーカーが日光浴をしている風景がありますが、それがここです。
セントラルパークの南側ですね。
思い思いの場所で寝転がっています。

周囲は高層ビル街。
雰囲気としては日比谷公園のような。

空が澄んでいたせいか、日差しは強かったです。日焼けしました。
もしセントラルパークに行くのであれば、日焼け止めは必要かもしれません。

コメント