Skip to main content

2013.09.アメリカ旅行記#9 ブルックリンとタイムズスクウェア

突然ですが、NYCは5つの地区に分けられています。

  • Manhattan
    有名な観光地といえば大抵ここです。
  • Brooklyn
    最も人口の多い地区。南部は少々治安が悪いという噂。Manhattanに近い方面は治安が良いらしい。
  • Queens
    もっとも多様な民族が生活している地区。ニューヨーク・メッツの本拠地がある。
  • Bronx
    ヤンキースの本拠地がある。治安は良くない。
  • Staten Island
    Brooklynの南西にある島。知らないだけかもしれませんが、空気扱いな気がする地区。

で、今回はManhattanに滞在したのですが、ちょろっとだけBrooklynに足を踏み入れてみました。
まあ、ほんとに文字通り「足を踏み入れた」程度ですが・・。
奥に見えるのがブルックリン橋。
ブルックリンとマンハッタンをつなぐ橋のうちの1つです。

マンハッタンは何処を通っても高級住宅地か繁華街という雰囲気がありますが、ブルックリンは割と普通というか、中流階級的な印象を受けます。

とある店の中に鎮座していた猫。

とっととマンハッタンに戻り、ハドソン川沿いにあるハイライン公園へ。
廃線になった鉄道の軌道を歩道にしたところです。

日本語版Wikipediaにもあるくらいなので、予想どおり観光客でいっぱいでした。

年末年始のカウントダウンで有名なタイムズスクウェア
どういう所なんだろうと思ったら交差点でした。
なぜここに人がいっぱい集まるかはよくわかりません・・。
あれか、六本木交差点みたいなもん?


写真は撮っていなかったのですが、有名な半裸ギタリストのおっさん(The Naked Cowboy : Robert John Burck)も見かけました。
帰国して調べるまでこの人の存在を知らなかったのですが、チップだけで年収1500万以上という噂なようで・・・。

もしまたNYCに行くことがあれば、今度は撮ってこようかと思います。

Comments