Skip to main content

2009.12.ドイツ・チェコ旅行記#10 クヌートに会ってきた

前回の続きです。
Seagessäuleからバスに乗り、いよいよzooへ。
Kurfürstendamm、いわゆる「クーダム」と呼ばれる地域の隣に動物園があります。

ここにはKnut(クヌート)という、母親が育児放棄した為に人工保育されたホッキョクグマがいることで有名です。
Wikipediaによる解説はこちら
こいつ、しかも映画になっているんですね。映画の公式サイトはこちら

参考に、こちらがクヌート。もふもふ。たまらん。


さてそのクヌートを一目見るべく動物園の入り口までやってきました。なんでか中国っぽい。
最初「こんな所に中華街が・・?」と思ってしまいました。

ちなみにここ、Berlin Welcome Cardの割引対象になります。

わかりにくいですが、入ってすぐの所に豹が。
ウェーイ肉食獣だーと撮っていたら嫁にせかされました。

というのも各動物は表に出られる時間帯がそれぞれ決まっていたのです。
目当てのクヌートの展示時間まであとわずか。

俺的メモ:各動物の展示時間は決められているので朝一で行くのがお勧め。(公式サイトに載ってるかと思うんですが見つけられなかった)


こちらがホッキョクグマの展示プレート。

はい、こちらがクヌートです。

どっちだwwwwwwわかんねえwwwwwwww

二頭いるうち、どっちかがクヌートなはずです。

よくわからないけど、仲良く追いかけっこをして遊んでいるようでした。
・・・にしてもデカい。

ちなみに早い時間に来たにも関わらず、大勢が檻の周りにたむろしていました。大人になっても人気者です。

zooなので、もちろん他にも色々な動物がいっぱいいます。
こちらはペンギン。見りゃわかるか。

なんとなく黒い三連星を連想してしまいました。
手前からガイア、マッシュ、オルテガ。

さて動物園で絵葉書を買って日本の家族に投函し、近くにあるKaiser Wilhelm Gedächtniskirche(カイザーヴィルヘルム記念教会)に行きました。
写真が横になったままでさーせん。なんでか回転させようとするとエラーになっちまうもんで・・・。

奥にある古い建物が旧教会です。あちこちボロボロに見えるのはベルリン大空襲の跡です。
手前が新教会。
更にその手前ではクリスマスマーケットが催されていました。

こちらは新教会の内部。青い壁はすべてステンドグラスです。

中央で両手を広げているのはヴィルヘルム1世・・・だと思います。

手前にはクリスマスツリー。

旧教会を見上げた図。ネオロマネスク様式というそうです。
こちらは爆撃後、最低限の修復だけ行って残しているそうです。

ちょっと腹が減ったので、クリスマスマーケットで昼食。
左から(またもや)Curry Wurst。そしてハンバーガーとマッシュルームにサワークリームをかけたもの。
どれも美味ですた。お値段全部で10ユーロ。

さてU-bahnのZoologischer garten駅から、いったんホテルへ帰ります。
続きはまた次回に。

Comments