Skip to main content

2009.12.ドイツ・チェコ旅行記#12 ドレスデンへ

日付は変わりまして12/27。
この日はベルリンを離れ、ドレスデンへ向かいます。
って、そろそろ一ヶ月になるんですな・・・。

恒例の朝食。前日に行ったパン屋で買ったパンと、サラダ。それと青リンゴが追加されました。
スーパーでドレッシングも買いました。といっても粉末です。
ドイツでは粉末のドレッシングが売ってるんですよね。これを水で溶いてかけました。オリーブオイルを混ぜるともっともっといいのですが、手頃なサイズのものがなかったので水だけ。
インスタント味噌汁みたいなノリなんですかね。

俺的メモ:ドイツでは粉末のドレッシングが売られている。


この日も天気は良かったです。これがホテル最後の写真。
Schoenhouse Apartments、いい所でした。
またベルリンに来た暁には、ここに泊まりたいと思います。


ホテル近くのバス停から240番バスに乗り、中央駅へ。
そこからユーロシティに乗ってドレスデンへ向かいます。

Berlin Südkreutz駅。直訳すると「ベルリン南交差点」駅・・なんでしょうか。

ユーロシティから見える風景。ベルリンもドレスデンも有名な都市ですが、間にあるのはのどかな町並みでした。

Dresden Hauptbahnhof(ドレスデン中央駅)に到着。
かなり歴史のある街だと聞いていたのですが、駅の中は古さを感じませんでした。

中央駅のプラットフォーム。右は我々が乗ってきたEC(ユーロシティという国際列車)。REやRBでもこんな形の電車を見かけます。

REはRegional Expressで、日本で言う所の快速電車。
RBはRegional Bahnで、日本で言う所の普通電車です。

左はICE。日本で言う新幹線ですね。

ドレスデン中央駅を出た所。手前の黄色い機械はトラムの自動券売機です。
滞在するホテルはAparthotel An der Frauenkircheといい、駅からトラムで3つほど行った所です。

トラムが来たので乗り込み、最寄り停留所のPirnaischer Platzで降り・・・迷いました。
ホテルの名前の通りFrauenkirch(聖母教会)があるはずなんだけど・・・と、ビル街をうろうろ。
ふと窓掃除をしていたカフェの店員さんがいたので聞いてみました。

( ´∀`) < あーそれならここの通りを真っ直ぐ行くと大きな道に出るから、それをもっと先に行った所よ

というヒントを頼りにスーツケースをガラガラ引いていくと、確かに少し広い道。それを渡って更に進むと・・・ありました、聖母教会。
周囲はレストランやカフェ、土産物屋などといった見事な観光地ぶりでした。

んでホテルの入り口を見つけたのですが・・・ドアがロック。えっ?

と、ここで嫁。「確かレセプションは違う場所のはず」とのこと。慌ててチェックイン用に印刷しておいたホテルの予約票を見ると、「Rezeptionの住所は○○○だよ」と書いてありました。
うはードイツは日本よりも住所はわかりやすいけど今来たばっかりだしわかんねー。

そんなわけで近くの土産屋でまた聞きました。

(ヽ´ω`) < この住所に行きたいんですが・・・
( ´∀`) < あーそこならこの道を左に行ってすぐの所よ

ええ、助かりました。レセプションの入り口発見です。


俺的メモ:ホテルによっては部屋とレセプションで場所が異なる。

余談ですがAparthotels An der Frauenkircheの入り口は"Aparthotel Altes Dresden"と書いてありました。他にも複数の建物があるのかもしれません。因みに場所はここでした。
で、レセプションはその裏手、この辺でした。


そんなわけで、無事にチェックイン完了。
こちらはリビング・ダイニングになります。

キッチン。電子レンジはなかったものの、ポップアップトースターがありました。
その他コーヒーメーカーや調理器具、食器類完備。

風呂・トイレには洗濯機まで設置されていました。
いやーでもこれ、使い方わかんねぇ・・・。

寝室。枕がだいぶ柔らかかったです。
ホテルに到着したのは夕方前だったので、この日ちょっと近所を歩きつつ夕食となりますが、それはまた次の機会に。

Comments